海外では需要の高いクレーン

海外では需要の高いクレーン

 

海外では需要の高いクレーン

 

東南アジアなどの発展途上国などでは、まだまだインフラの整備が進んていないと言われています。そのために日本製で品質が高く機能性にも優れたクレーンの需要が高まっています。

 

年式が古くても、日本製であれば性能が良いということから、海外ではとても重宝されているのです。逆に低年式であれば値段も低いので、売りやすいと言われます。

 

古いクレーンを売却したい場合は、多少質が悪くても安い値段のクレーンを求めている国に輸出を行っている業者を選ぶといいですね。

 

今、中古クレーンを求める輸出先は中国、ロシア、バンクラデシュ、南アフリカ、ベトナム、アラブ、パキスタンなどです。
クレーンを売ることを検討するなら、業者のホームページなどを有効に利用して、少しでも有利な値段で買ってくれるところを探しましょう。

クレーンの買取について

普通の自動車を中古車として売買するのは普通のこととして理解できますが、クレーンを買取するなどは、一般の人にはよくわかりません。クレーンを使う仕事と関係がある人しか興味も持たれないですよね。

 

ただ、クレーンも中古クレーンとして売ろうとすると査定があります。一般の車の査定とはかなり異なった査定方法になりますが、いくつかの厳しいチェックを経て買い取ってもらえますが、そのまま使えればかなりの高額がつきます。

 

ただし、動かないクレーンであっても買取はできます。複雑なパーツからなるクレーンは利用できるパーツに値段がつきます。特に日本製のクレーンは丁寧に作られているため海外からの需要が多いので、バラしてパーツのみを売ることができるのです。

 

クレーンとして再利用できれば、高額買取も可能となり、それがダメならパーツごとの買取が可能です。

ホーム RSS購読 サイトマップ