クレーン買取のトラブルは?

クレーン買取のトラブル

 

クレーン買取のトラブルは?

 

クレーンやトラックなどの買取業者はたくさんありますが、その多くはお客様が安心して取引できる会社ばかりですが、中には悪質な業者も少なからず存在します。
高額なトラックや重機を手放すのですから、少しでも高く売りたいと思いますし、面倒なトラブルは避けたいですよね。

 

では悪質な業者とはどういった会社なのでしょうか。
・しつこく営業の電話をかけてきて断っても電話攻撃を止めない。
・申告した個人情報の流出を行う。
・買取額に合意して決済まで進んだのに、なかなか入金の確認ができない。
・査定後に買取額を色々な理由をつけて、大幅に下げられる。
・売却成立後に修繕費を請求してくる。
・高額な出張費の請求をしてくる。
・売却成立後の名義変更などの手続きが遅れたり、変更しない。
・契約が不成立になると、いままでの手数料を請求してくる。

 

などのトラブルがあります。変だなと思ったらきっぱりと断る勇気をもつことが大切です。

悪徳業者を見抜く

 

 

クレーンなど重機類を処分するために査定を申し込んだ買取業者が悪徳業者であるかどうかを知るためには、まずホームページに記載されている「会社概要」を確認しましょう。

 

「所在地」「代表者名」などの記載がない場合は要注意です。
どんなサービスをしているかや、疑問に思ったことやはわかるまで聞くようにしましょう。ホームページのサイトにはメールで質問できるフォームなどもありますから、直接聞きにくいと思うことなどはメールで確認しましょう。

 

電話でスタッフと話すときには、対応の仕方や話し方から業者の質が見えてきます。
電話対応が丁寧であるか、書面がしっかりしているか、説明はわかりやすいかなどがチェックポイントです。また、契約をせかす業者は何か裏があると思った方がいいです。とにかく感じが悪いと思ったら、取引は止めた方が良いでしょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ